遠景

一度自分の足で登った山は遠くから見た時にずっと綺麗に見える。どこかでそんな言葉を聞いた。 だから、最後まで登りきろう、と励ましが続く。 遠くから眺めて憧れを抱きいざその場所に行くとゴツゴツしていて展望…

続きを読む »

あの日、あの時

思いもかけず、トラブルが起こることがある。 進め方が間違っていたのかもしれない。 コントロールできないこともあっただろう。 お互いにいらぬ手間をかけてしまった、 と申し訳ない気持ちになる。 ただ、もし…

続きを読む »

太陽が照れば

辺り一面を覆っていた霧が晴れて視界が開けた。 これまで歩いた来た道とこれから歩く道が繋がり、 頭上には気持ちの良い青空が広がる。 そんな瞬間がこれまでに何度かあった。 ふいに訪れた梅雨の晴れ間に、心も…

続きを読む »

巡る季節

旧い友人たちの活躍を聞く機会が重なった。日本で、海外で、誰のものでもない自分のフィールドで。 忙しい、悩ましい、でも楽しい。ここが思い描いてきた場所だから。 今日もきっと、いい日になる。 岩井 智広

続きを読む »

相思う

自分たちの考え方や大切にしているものを好いてもらえたとき、 共感してもらえたとき、それはやっぱり嬉しい。 新年度を目前に控えた3月、お客さまの経営会議の中で半日 我々が進行をさせていただく貴重な機会を…

続きを読む »

「もっと夢を」

「若い世代に、もっともっと夢を持たせてあげてほしい。 それが私たち管理職の仕事ではないでしょうか」 試験機のパイロットというその方が ご自身の言葉で熱く語っていらした姿がとても印象深く、 今でもその発…

続きを読む »

そのステージの上で

「まだまだ現役」なんて言葉ではとても収まらない 躍動感に満ちたライブだった。 音楽で人を楽しませるそのステージの上で、 誰よりも楽しんでいたのはきっとご本人だったと思う。 “カッコいい”とはこういうこ…

続きを読む »

同じ夜

どうしてここに来るのが初めてなんだろう。 夕陽に染まる西の空と、色を失う稜線の境が重なっていく。 ぼんやりと眺めているうちに、長い時間が経っていた。 圧倒的な存在感と空気が、今なお強く残っている。 い…

続きを読む »

ヤマトコトバ

品のある言葉づかいを身体に馴染ませたい。 あふれる思いを表す最後のひと言の選び方、 その言葉を発する根柢にある心の内。 神は細部に宿るという。 誰かに、何かに心を動かされた時、 「胸に迫るものがありま…

続きを読む »

2年

クライミングを始めて2年が経ち、 「どこに向かっているの?」と聞かれることが増えた。 どこに向かっているわけでも、何を目指しているわけでもないのが正直なところ。 すると、「よくそれだけ続くね」という反…

続きを読む »

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP