君の打鍵

ピアノの美しさは、音が減衰する儚さにある。

鍵盤から弦へ
そして弦から空間へ
音の波動がいっきに広がる。

かと思ったらあっという間に、広がった波動が消え去ってゆく。

「どうか終わらないで」
美しい旋律に触れるたび、消えゆく音を儚く思う。

この10月、心待ちにしていたショパン国際ピアノコンクールがついに始まる。
5年に1度の開催。今回はCOVID-19で延期して6年ぶりだ。
コンテスタントたちが人生をかけてワルシャワの舞台に立つ。

一音一音、魂のこもった打鍵が
空間からは減衰しようとも
彼らが放つ音の波動は、きっと私の胸に留まるだろう。

馬場 舞子

#TomoharuUshida
#KyoheiSorita
#AimiKobayashi
#HayatoSumino
#NikolayKhozyainov 

距離を越えて

オンラインの打合せで、手を振って「お世話になります」と挨拶し手を振って「ではよろしくお願いいたします」とお別れする。 私はこの時間が好きだ。 その場の全員が笑顔になり、物理的な距離がぐっと緩和される、…

続きを読む »

忘却

時おり忘却曲線に触れることがある。 明日になれば忘れたことにすら気づかず、二度と思い出さないことの方が多い。 それでも、何かを激しく揺さぶることで忘れがたい記憶としていまこの瞬間を自分に、あるいは誰か…

続きを読む »

おはようモネ

在宅勤務が続き、今まで触れる機会がほとんどなかったもの 「朝ドラ」だ。 子供を保育園に送り届け、仕事開始までの15分 今まで、社会現象を度々起こす朝ドラに、「そんなにおもしろいの?」と どこか距離を置…

続きを読む »

親の威厳

夏休み、中3の娘は勉強に遊びに多忙。 時間は有限「計画的に」と伝えたい。 勉強となると、まるでそれを感じないから。 遊びでは、「この日、遊んで良いか?」と 親を口説くタイミング、根回し、アフターフォロ…

続きを読む »

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP