熱録

この1年、季節ごとに色々な場所で、内なる思いをノートに書き連ねてきた。

いっきに読み返す。
並んだ文字に込められた心の声の”真髄”はどれも同じ。

時に惑わされ、流されたこともあったけど
常に”自分の直感”を信じて生きてきた48才に、今迷いはない。

増田元長

ある若者の旅立ち

Jリーグがシーズンオフになるこの時期、多くの若者が海外での活躍を期して旅立つ ただ、これまで成功したといえるフットボーラーはほんの一握り 新年早々の1月10日、斎藤光毅という19歳の若者が欧州に旅立っ…

続きを読む »

旅路のいろんな場面で

いつもとは違う年末年始。 毎年先延ばしにしていた受信トレイにたまっているメールの整理に踏み切った。 時をさかのぼっていくと様々なできごとを思い出す。 この仕事にチャレンジするかどうか悩んでいた時のこと…

続きを読む »

求められる姿

わが家の猫が骨折した。ペット初心者のわが家はパニック。紆余曲折してなんとか処置をしてくれる病院にたどりついたのはもう日も暮れる頃。 しかしドクターは、あふれかえる外来診察終了後にオペを行ってくれるとい…

続きを読む »

フロイデ

「友よ、違う。そんな音じゃない」 年末恒例、ベートーヴェンの第九にはドイツの詩人シラーの詩が使われているのだが、冒頭の一節は ベートーヴェンが歌詞を付け足している。 「友よ、違う。そんな音じゃない。も…

続きを読む »

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP