同上

東京駅南口にお気に入りの和菓子カフェがある。
天井が高くゆったりしたスペースで頂くあんこと煎茶は格別だ。

先日久しぶりにカフェを訪れ、すっかりお腹も満たされた頃
「そうだ、実家に和菓子を送ろう」と思いたった。

ショーケースを覗き、店員さんと話す。
もう夕方だったからか 発送は「明日の便」になると。

発送伝票に長崎の住所と父の名前を書く。
送り主の欄は書くのが面倒になって
“同上”
“舞子” とだけ記した。

すると店員さんが
「メッセージカード書きますか?」とカードを持って来てくれた。

「コロナでご家族に会えてないですよね。
長崎は1日多くかかるし早く送りましょう。
このサイズなら今日発送の便になんとか詰め込めるかもです」と。

いっきに涙が込み上げてきた。
自分でも気づかないくらい潜在的に寂しさが溜まっていたらしい。
あやうく涙がポロポロこぼれそうになるのを我慢しながらお礼を伝えた。

店員さんの心遣いに心揺さぶられた夕暮れ時だった。

馬場 舞子

21年度 胡蝶蘭通信

ちょうど1年前、オフィスの胡蝶蘭が咲いた。緊急事態の最中、私たちを勇気づけてくれていた。 いま、その株から新たな芽が伸びている。寒い冬、冷えたオフィスを乗り切り、少し遅れて春に気づいてくれたのか。 実…

続きを読む »

思い出になる前に

恵比寿からオフィスへ向かう途中、昼も夜も美味しい素敵なお店がある。 ある日の朝通りがかった時に、開店前とは言えいつもより暗いように思った。 あれ、まさか、、万が一店じまいだったら。。不安がよぎる。 夕…

続きを読む »

なぜ人はがっかりするのか

がっかりするしたいと思っている人はほとんどいないだろう なぜ人はがっかりするのだろう がっかりするのは、自分の期待を下回る事が起きるから逆に、感動するのは、自分の期待を上回ることが起きるから がっかり…

続きを読む »

励まし

職場で、部外の後輩が、私の仕事を覗き込んできたときのこと。 「新しいことに取り組んでいて多忙だ」と 伝えると 彼は無邪気に 「いいなぁ~」と言っていた。 私は結構忙しくしていても「楽しそうですね」と言…

続きを読む »

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP