時をつなぐ

いただきもののカステラの箱に印字がされていた。

“Fukusaya since 1624”

そうなんだ、知らなかった。。
創業400年に思いを馳せるも、何ひとつ想像ができない。

気になってHPを見てみたら、
原点回帰と創意工夫、そんな言葉が並んでいた。
そして、真心をこめて時をつないできたと。

色々考えた末に、何も考えずに味わおうと思った。

底についたザラメに幸せを感じながら、
今日も変わらぬおいしさに満たされた。

岩井 智広

今日が、人生最強の日

高校生の時分、中国拳法にとても興味を持っていた今思えばただの中二病、漫画「拳児」を読んだのがきっかけだったと思う 摩訶不思議、謎に包まれた中国拳法について知りたく読んだ専門誌「武術(ウーシュー)」の記…

続きを読む »

細部に目が行き届く人

プロ野球選手時代 「多くの一流選手は、「細部まで目が行き届いている」」 そう感じていました この場合の「細部」とは、道具のちょっとした変化や 土や風、対戦相手の癖や顔色の変化など こういう選手は、ゴル…

続きを読む »

決定差

プロフェッショナルとアマチュアの違いは永遠に埋められない。 同じように、個人の価値観や性格の違いから生じるすれ違い これも永遠になくならない。 しかし、たとえプロアマ同士であっても、価値観の違う者同士…

続きを読む »

8月15日

8月になると暑さと共にやってくる、このなんとも言えない感情 この国が過去の過ちを繰り返してはならないことは、皆が理解しているはず しかし、今の世界情勢はその思いをいつ踏みにじんでしまうのか? 薄氷の湖…

続きを読む »

アーカイブ

2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP