ある晴れた夏の日の午後

秋の気配が漂うなか、今年の夏を振りかえった。

 

印象深い研修の一つは、猛暑日が続いていた頃の午後から始まったセッション。

開始直後、部屋の空調がきかなくなってしまった。

時間が経過するとともに、目の前の皆様の扇子の動きが激しくなる。

私はというと、全身から汗が噴き出してきて止まらない。

しかし、そんな状況をなぜか心地良く感じ、

真夏の屋外で運動しているような気分になり、体も軽くなってきた。

 

休憩中、事務局の皆様の多大なるご配慮により、隣の部屋に移動。

そして、セッション再開。受講者の皆様と空調のありがたさを共感した。

と同時に、さっきまでの時間を共に乗り越えたせいか、

受講者の皆様との一体感が強まったのではないかと自分勝手に感じた。

こんなに汗をかいた研修は初めてで、

終わった後、今までにない達成感を感じることができた。

 

そして何より、暑いなか熱心に参加いただいた受講者の皆様と

柔軟な対応をしていただいた事務局の皆様に感謝申し上げたい。

 

迫川 史康

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP