お決まりのエンディング

研修が終わると事務局の方にバトンを渡す。
事務局の方から受講者の皆様に向けて激励メッセージ。
そして、事後課題(宿題)の説明がある。
「詳細は後ほどメールで送っておきます」
最後に「お疲れさまでした」で解散。
というのがよくあるエンディングのパターン。

先週末、2日間の研修が終わり、事務局の方にバトンを渡す。
激励メッセージから始まり、事後課題の説明に移って行く。
そして、最後の最後、
事後課題のメール画面が前のスクリーンに登場。
宛先は受講者の皆様、そしてCCに受講者の上司の方々。
「送信ボタンを押したら2日間の研修が終了します!」
送信ボタンが押され、
「2日間お疲れさまでした!」と同時に自然に全員での拍手。

その方にとっては“ お決まり ”のエンディングとのこと。
私にとっては新鮮で、エンディングの演出の大切さを感じた瞬間であった。

そして、受講者の皆様から
その後のストーリー(事後課題の報告)を聞いてみたい!とも思った。

迫川 史康

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP