この道の彼方

5月のGW明けからランニングを始めた。

近所の川沿いの道を週末土日のどちらかに走ることにした。

研修講師として「体力」の大切さに気づかされて。

 

アスリートを目指していた増田さんからの

「継続することが大切!」というアドバイスを胸に

毎回ガッツリ走りこむのではなく、

自分なりに少しずつ距離を伸ばしていっている。

なので、ランニングといっても4割くらいはウォーキングになる(笑)

まだ回数は多くはないが、毎回いろんなことに気づかされる。

 

通勤電車の窓からなんとなく見ていた場所はここだったのか!

といった新たな発見。逆から見る景色もなかなかいい。

 

驚いたのはシニアランナーの多さ。おそらく50歳以上の方々だと思われる。

ランナーとして “ さま ” になっていて、フォームや服装もかっこいい!

「アラフォーとして負けてはいけないな!」と思わせてくれる。

 

そして、何とも言えないのが折り返す時の気持ち。

今週はここまでだったけど、来週はあの橋まで!

この道の彼方にどんな景色や場所が待っているのか?

週末のチャレンジをワクワクさせてくれる。

 

気のせいかもしれないが、

回を追うごとに、翌日以降に発症する筋肉痛も軽くなっていく。

 

迫川史康

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP