もう一度!

年末年始を故郷・広島で過ごした。

年末、広島の街(もしくは日本!?)に衝撃が走った。

 

背番号15 黒田博樹投手がカープに帰ってくる。12月27日の中国新聞一面を飾った。

メジャー球団からカープの提示額とは比べものにならない程の巨額オファーもあるなか、

彼が選んだ2015年は、プロ野球人生をスタートしたカープであった。

 

「育ててもらったカープのユニフォームを着た選手にボールを投げる自分が想像できない」

と発言し、FA宣言することなくカープに残留。

翌年、「帰ってくるならこのチームしかない」として、メジャー挑戦。

その後7年間、背番号15を空けてラブコールを送り続けていたカープ。

悩み抜いた末、野球人生最後の決断として、カープへ復帰。

まるで、スポーツ漫画のようなストーリー。

 

黒田投手のカープ復帰については様々なご意見もあるかもしれないが、

物心ついた時から「野球はカープ」という環境で育ってきた私にとって、

とても感慨深く、しびれてしまった。同時に、考えさせられるものもあった。

 

「自分を一番高く評価してくれるところに身を置き全力を尽くす」のが

プロフェッショナルとしての生き方でもある。

今回の黒田投手の決断は、

「(金額は脇に置き)自分の価値が高いうちに育ててもらったところで全力を尽くす」

プロとしてこんな生き方もある!ということを身をもって見せてもらった。

どちらが良いか悪いかではない。

共通しているのはプロフェッショナルとして全力を尽くすこと。そして、結果を出すこと。

故郷にいたせいか、こんなことを考えながら新しい年を迎えた。

 

「今後も、また日々新たなチャレンジをしていきたい」

黒田投手の言葉に、勝手ながら自分を重ね合わせて、

仕事に、ライフに、今年も様々なチャレンジを楽しんでいきたい。

 

2015年もどうぞよろしくお願いします。

 

迫川 史康

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP