ラストショー

4月から始まった大学院での講義が日曜日に終了した。
日曜日の朝からの授業にも関わらず、
今年は、昨年よりもかなり多くの方に受講していただいた。

準備に時間を割き、決して楽ではなかった授業。
最後の授業のエンディング。一人ひとりに感想を聞くと、
やりきった感がひしひしと伝わってきた。

ビジネスパーソンとして仕事を抱えながらも “ 学ぶ意欲 ” の高い方が多く、
自分自身にとっても刺激を受けた3か月間でもあった。
しばらくの間、日曜日の朝の充実した時間が無くなるのは、
ちょっぴり寂しい気がする。

迫川 史康

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP