夜汽車にゆられ

最近、列車での少し長めの移動時間が心地よい。
特に、夕方から夜にかけての時間帯。
考え事をしたり、少し眠ったり、気になっていた本を読んだり。
空の移動と比べると、乗り換えの頻度も少なく、
じっくりと連続した時間が待っている。

とある日の移動中、気づいたこと。
大人になるといかに早く移動するか、
効率ばかりを考えるようになっていたのではないか。
小さい頃、学校帰りに、いかに寄り道して帰るかばかり考えていたのに。

あえて時間をかけてじっくり移動するのも全然悪くない。

迫川 史康

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP