遠く離れても

2015年は九州への旅が多かった。
九州での研修の際、大分県から参加されている受講者の方々に会うこともあった。
大分と言えば、社会人としてのキャリアをスタートした場所でもあり、
社会人としての自分を育ててもらった最初の場所でもある。
研修の休憩時間、大分県から参加されている受講者の方々との会話のなかで、
「今年から駅が新しくなって、すごく変わっていますよ!」と何度か聞いていた。
「いつか行きたい!」と思うものの、タイミング合わずが続いていた。

今月、九州への旅の途中、
少し長めのすきま時間ができたので、思い切って大分に足を運んだ。

福岡から特急列車で移動。窓から見える風景が懐かしい。
お世話になっていたお客様の病院、何度も車を走らせた道、
営業中によく行っていたうどん屋、などなど。
風景と共に、20年ほど前の記憶や感情が鮮明によみがえってくる。
「いろんなことがあったなぁ・・・」と心の中でつぶやく。

大分駅に到着すると驚いた。
当時の面影はちょっとだけ残っているものの、駅は全く別物に進化していた。
商業ビルや新しいホテルが隣接し、おしゃれなレストランやショップが立ち並ぶ。
駅前の商店街にも足をのばした。当時の店舗とは顔ぶれが大きく変わっていたが、
先輩達とよく作戦会議をした喫茶店、お世話になった小さな文具店も残っていた。

商店街から駅に戻る際、駅の全体像が目に飛び込んでくる。
進化した駅に再び驚く。それと同時に自分に対する “問い” が心に浮かんできた。
「自分自身はあの頃から進化しているのだろうか?」
帰りの列車に揺られながら、改めて考えさせられた。
「あの頃の自分と比べて進化したこと、してないこと、これから進化したいことは何か」

短い滞在時間であったが、2016年に向けての新たなチャレンジを考えるいい機会になった。
そして、「遠く離れてもお世話になり続けているんだな」と感じる時間でもあった。

迫川 史康

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP