風に吹かれて

ランニングを終えてストレッッチをしていると、

一枚の紙が風に吹かれて目の前に飛んできた。

何かと思い、ついつい手に取り見入ってしまった。

 

算数のテストだった。おそらく小学校の高学年くらい。

テストの点数はというと・・・

○よりも×の数の方がかなり多く、100点満点には程遠いと思われた。

そして、名前を書くであろう上の部分が破られていた。

 

ここからは私の自分勝手な心の中の声。(間違っていたら本人に謝りたい)

「さては、親には見せたくないから、名前の所を破って捨てたんだな!」

「捨てるんだったらゴミ箱にしろよ!」

「でも、なんか持って帰りたくない気持ちは分かる。これは親に見せたくないよな・・・」

「この子はどんな気持ちで名前を破ったのだろうか?」

「家に持って帰らないということは、きっと悔しかったんだろうな・・・」

「点数よりも、その悔しさの方が大切だ!次のテストはリベンジしろよ!」

 

間違えた所の復習はどうするんだろうか?と少し心配になったが、

本人に返却しようにもできないし、

このまま風に吹かれて、またどこかにいくのもどうかと思ったので、

自宅まで持って帰り、燃えるゴミとして処理しておいた。

「おじさんがちゃんと処理しておいたから、次は堂々と持って帰れるような点数をとれよ!」

とエールを込めて。

 

一枚の紙に妄想し過ぎてしまったかもしれないが、

なんだか考えさせられた一枚であった。

「自分自身は悔しさをバネにして成長できているのだろうか…」

 

冬の川沿いは寒くて風が強い。

今回はその風が心に火を灯してくれた気がする。

 

迫川 史康

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP