やった事の無い事は教えられない

子供が少年野球を始めて2年
毎週土日、コーチ補佐として子供と一緒に汗を流すのがルーチンになっている

ただ、実は私、野球の経験がないのだ
正コーチが教えている声を聞きながら、サポートしつつ、時に子供達にアドバイスを送る

「後ろ脚の膝を中心に回すんだよ」
聞いた言葉を子供たちに投げかけた後に、その瞬間は訪れた

「ねぇ、コーチ打ってみて!」


子供とは無邪気なものだ  ・・・何が起きたかは想像にお任せします
その時私が実感した言葉は【やった事の無い事は教えられない】

いつも講師として何かを伝える時、共感し、心からのアドバイスを送れるのは
やはり、自身が酸いも甘いも経験した事のあるフィールドだ

仕事も野球も、常に実践者であり続けなければ
本当の意味で「語る」事なんてできないのだと、身をもって学んだ土曜の午後だった

庭にネットを張り、自動のトスマシンも購入した
さぁ、実践あるのみだ

安川 光

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP