フロイデ

「友よ、違う。そんな音じゃない」

年末恒例、ベートーヴェンの第九には
ドイツの詩人シラーの詩が使われているのだが、
冒頭の一節は ベートーヴェンが歌詞を付け足している。

「友よ、違う。そんな音じゃない。もっと楽しい歌を、喜びに満ちた歌を歌おう」

そこから徐々に音楽が展開し、あの有名な “歓喜の合唱” へと繋がる。
「違う。そんな音じゃない」
強い否定に、理想の音を追い求めたベートーヴェンの想いが伝わってくるようだ。

喜びに満ちた歌を歌う気分にはなかなかなれなかったこの1年

違う、こんなんじゃない。
もっと楽しい、喜びに満ちた世界を。
2021年、次の世界を追い求めたい。皆で。


馬場 舞子
生誕250周年ベートーヴェン・イヤーの終わりに寄せて

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP