手紙を書くよ

連休中、急用ついでに父がふいに東京へ来た。

東京オリンピック・マラソン選考会の余韻が残る銀座を父と二人ぶらぶら歩く。
ふと、万年筆が欲しかったのを思い出し、文房具屋に寄った。
春先に初めての万年筆を買ったのだが、すぐにインクが乾いてしまうので、
次の1本を買うか迷っていたのだ。

普段から万年筆を愛用している父のアドバイスをもとに、店員さんとも相談し選ぶ。
いくつか試し書きをし、ボルドーのボディーで細字の1本を選んだ。
「大人になったね」と冗談交じりで笑いながら、父がそれをプレゼントしてくれた。

その晩、「無事に父が着いた」と母から電話が来た。
口数の少ない父も電話に出て「楽しかったね」と言った。
そして、いつものようにプツンと一方的に電話を切られたのだった。

「手紙を書いてね」と一言残して。


馬場 舞子

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP