ふらりと訪れた場所にあったもの…

九州 小倉での研修前日、少し早く到着したのでふらりと門司を訪れた

レトロな街並みで観光spotになっていることは知っていたが、これといった目的も特になく…

 

門司港の駅を降りると潮の香りがする。門司港駅舎は大規模な改修中

唯一の目的とも言えた、国の重要文化財に指定されているという駅舎は見られなかった

少しばかりがっかりしながら歩いていると、駅前に小さな古びたビルがある

屋上には『日本郵船』の看板。一気に興味が湧いてくる

 

日本郵船は父が勤めていた会社

そろり入口を入ると、石造りの階段に木製の建具。どうやら建てられた当時のまま使用されているようだ

東京 丸の内にあった旧本社ビルを解体した際、ロビーに使用されていた大理石を社員に配布したらしく

父が自慢げに語ってくれたことを想いだし、何とも言えない懐かしさと親しみがこみ上げる

 

港へ向かうと、関門海峡を挟んだ対岸は下関

こどもの頃、下関マリンパークの水族館でイルカショーに歓声をあげ、クジラの標本のでかさに驚いたこと

隣の遊園地で『人造人間キカイダーショー』が観たくてダダをこねたこと… 鮮明に脳裏に浮かんできた

 

本州と九州を結ぶ関門橋は夕暮れに映え、感情を揺さぶる

小倉へ戻る車中で『今度は自分の家族と訪れよう』と思いながら、リフレッシュしていた自分に気づく

モチベーションの源泉は思わぬところに転がっている

小田 正信

DSC_2176

 

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP