また、4年後!

ロシアという国の印象が根底から覆された
彼の国は長くひとりの指導者に導かれ、どこか抑圧された気むつかしい国民性だと
まったく根拠のない考えに囚われていた

FIFA World Cup 2018でロシアの各都市を訪れた世界中のサポーターもそう思ったことだろう
それだけ安全で、ロシアの方々のホスピタリティを存分に感じた滞在であった
指導者の大号令によって即席に醸成されたものではない、もともと持ちえた国民性なのだ

そんな空気に包まれた各都市のスタジアムでは、そこかしこでプチ外交が交わされる
試合に訪れたロシアの方々はとは、みな笑顔で挨拶をかわし写真を撮り合う
セネガルやポーランドのサポーターとは試合前、試合後関わらずお互いの幸運を称え合う
もちろん、日本のサポーターとは誰彼関係なく言葉が交わされ、お互いの想いを語り合う

皆がこの祭典を心から楽しみに訪れ、そして楽しんでいた
だからこそ、祭りが終わったあとの余韻も長く残る
別れの最後の言葉は決まって『また4年後、カタールで会いましょう!』

この体験はまた味合わずにはいられない
4年に一度、World Cupに参戦することが自分の“Life Work”だと、今、くっきりと心に刻まれている

小田 正信

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP