力を出し切る

秋が深まるこの時期、関東でも紅葉の兆しが見え始めた

もうしばらくすると、街の銀杏も黄色い葉を落とし始め、街中に黄色い絨毯が敷きつめられる

 

この秋の深まりと同時に、いよいよサッカーシーズンも大詰めを迎える

Jリーグでも、優勝・昇格・降格の大勢が見えてきた

ここから起こる、悲喜こもごも予測のできないドラマから目が離せない

 

サッカージャンキーとしてもう一つ目が離せないのが、お正月の風物詩である高校サッカー選手権

今が地方予選のピーク。 毎週末、各都道府県の代表が決まっていく

 

この高校サッカー選手権でもまた、数多のドラマが繰り広げられる

ピッチに立つ選手はもちろん、サポートするサブメンバー、スタンドで応援する部員、監督、コーチ、

友人、父兄…同じ目標を共有する仲間の想いが交錯し、スタジアムは独特な雰囲気に包まれる

 

勝てば、喜びや悔しさ・楽しさ・苦しみなど、経験を共有してきた仲間とまたボール追いかけることができる…

負ければ、高校生活でのサッカーに終止符を打つことになる…

自分たちに対する声援を背中に受け、胸に抱き、ピッチで力を出し切ろうとする

自分たちの想いを仲間に届けようと、ベンチで、スタンドで、声を枯らして鼓舞する

そのひたむきな姿に毎年目頭が熱くなる。特に、負けてしまったチームに対しては格別だ

 

忘れて欲しくない涙、本気で打ち込んで流せる涙なんて、人生でもそうそうあるものじゃない

 

二度と来ないこの時間、この瞬間

負けた瞬間の悔しい思いは、自分に負けてしまった自分の弱さに対してなのかもしれない

でも、10年後、20年後、何かに行き詰ったときに思い出してほしい

自分に負けず最後までやりきった、自分に打ち勝とうと全力を尽くしたこの経験を…

小田 正信

DSC_0774

 

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP