年の初めに

浅草寺への参詣を思い立ち、日の出桟橋から浅草を目指した
水上バスでは決まって最後尾を陣取る
新春の冷えた空気とあたたかな陽の光が心地よい

東京湾から築地を経て、デザインの異なる橋をくぐりながら両国へ
両岸はすっかり高層ビル群で埋め尽くされた…と思いきや
昔ながらの料亭や蔵、川岸を守るレンガ作りの堤防もいまだ残る

江戸から東京へ
時代の移り変わりが垣間見られる航路
変わらずにあるもの、変わっていくもの

新たな年の初めに自分自身を重ねてみる
いい時間を過ごした

小田 正信

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP