心穏やかになるところ

母親の生家は山口県の周防大島にある
週末、母親が用事を足しに行くというので付き合った
2年ぶりの訪問

生家の傍には菩提寺があり、その沖はすぐに港
本島と島をつなぐ大島大橋ができる前、ここにフェリーが接岸していた
船上での潮風は穏やかで、海峡の渦潮が不規則な動きをするのを見ていた
フェリーが到着すると港は活気つく
バスやタクシーが動き出し、商店へ人が吸い込まれた
母親とは歩いて実家に向かった
もう50年近く前のこと

港のあった場所は病院になり、商店もすべて店をたたんだ
ただ、母親と歩いた通りは当時の面影を残している
ずいぶん狭い道を歩いたもんだ

情報があふれ変化が速い現代社会に身を置いていると見えなくなるものがある
ときには心穏やかになる場所で、時間を巻き戻してみるのもいいものだ

小田正信

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP