笑顔で

30年来の友人と久しぶりに飲み交わした
彼と会うのはかれこれ5年ぶりくらいだろうか

きっかけは彼が千葉の台風を気にして連絡をくれたこと
そのやり取りのなか、彼が下半身に麻痺を負いリハビリ中だということを知った

衝撃的な事実
彼はいつも屈託のない笑顔で皆を明るくする
周りへの気遣いも怠らない
たまに話が突拍子もなく飛躍することもあるが、それも愛嬌
そんな奴だ

どうやら骨髄に細菌が入り、神経を侵したらしい
歩くことは何とかなってきたが、走ることはままならないという
自分に、『いいか、今から走るぞ!』と言い聞かせないと走り出せない
まるで別の自分がいるみたいだ…と

その経緯やリハビリの大変さをまた人懐っこい笑顔で話す
彼の様子は高校時代からまったく変わっていない
…だが、その奥底には想像を絶する自分のとの闘いがあったことだろう

別れ際、笑顔で固く握手を交わし終電に
普段通りの生活を普通にできるその尊さが身体に沁みいった
と同時に、彼の笑顔に救われた夜だった

小田 正信

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP