終わりは、はじまり

千葉・幕張に行きつけの小さなスペインバルがある
次男がバイトをしていたことをきっかけに通い始めて
かれこれ8年くらい経つだろうか

1階のカウンターで飲んでいると、そこに集まった人同士で会話が生まれる
お酒を楽しむご夫婦、ご隠居された紳士、社会人デビューしたばかりの若者、
大学生や留学生、はたまた外語大の語学講師、マリーンズファン、JEFサポ…
みな、ここに来るといい顔をしている

そんな人々を惹きつけてきたこのバルが15年の歴史を閉じるという
最終日、寂しい思いで訪れると店主の奥様から
この店を引き継ぎたいという若者を紹介された

しばし彼の想いを聴くうちに、過去の断片がつながり始める
彼は10歳のころサッカーをやっていた、背が高かったのでポジションはGK
遠征に行くチームの人数が足りず、親交のあるチームに応援を頼んで山中湖へ行った

親交のあったチームから応援で遠征に参加したのが、私の長男
その遠征にサポートで帯同していたのが、私自身
そう、彼と私は18年前に出会っていた

彼が言う、このお店の雰囲気を作っているのは、ここで笑っているお客さん
だから何も手を加えず、そのまま営業したい、そして、みなの居場所になりたいと

次男に仕事の楽しさと厳しさを教えてくれた店主の奥様に、心からの感謝を伝えた夜は
新しい道を歩み出そうとする、旧知の若者のチャレンジを心から励ます夜だった

小田 正信

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP