静寂に包まれて

2月初旬、岩手 平泉を訪れた

冬の平泉は雪景色に包まれ静かな佇まい。世界遺産の街を観光する人の姿もまばらな中

小学生のころ社会の教科書で知ってから『いつかこの目で見てみたい』憧れの場所、中尊寺へ

 

雪に足を滑らせながら参道を登る。芭蕉もこの参道を歩いたかと思うと鼓動が高鳴る

大木に覆われた参道の途中に散在するお堂のひとつひとつにお参りし、いよいよ金色堂へ

 

煌びやかなお堂は想像よりはるかに小さかったが、何より目を奪われたのはその装飾

紫檀の高欄は象牙で縁取られ、その緻密さに職人の気概を感じる

およそ900年前、奥州 藤原氏の栄華はいかほどのものか。想像も及ばないほどの贅が尽くされていた

 

覆堂を後にする。風もなく静かな参道に雪がはらはらと舞い降りてくる

水墨画の中を歩いているような静寂に包まれ、金色堂でざわついていた心が落ち着いてくる

歴史の神秘に触れ、心が洗われた奥州路であった

 

小田 正信
DSC_2930

 

 

 

 

 

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP