もののあはれ

古来より私たち日本人は「間」を大切にしてきた。
「絶妙な間」が重宝され、趣をなくす「余計な間」は好まれない。

先日メジャーリーグで、大雨で試合が4時間中断し、再開が午前2時になったという
ニュースがあった。私たちには絶対に耐えられない「間」の長さだ。

日本のプロ野球では、新設されたコリジョンルールとやらが大きな問題となっている。
捕手が走者の進路を妨害したのではと「ビデオ判定」により、完全にアウトのタイミング
がサヨナラ勝ちになったケースがあった。本来サヨナラ勝ちは、その瞬間の歓喜にこそ
価値があるのに「ビデオ判定」のやたら長い「間」によりその興奮さえもお預けとなった。

そういえば、先日のゴルフのメジャー大会全米オープンで、優勝したダスティン・ジョン
ソンのルール上の問題をめぐり、一度は無罰と決定されたものが、その後ビデオを見た
競技委員の一言により覆り、優勝争い真っ只中の12番ホールで、本人に「ホールアウト
後に1打罰が付加される可能性がある」と知らせるUSGA前代未聞の大失態があった。
(この件に関しては、筆者は本当に怒っている!)

「ビデオ判定」の登場により、なんともいえない空気や間が存在しはじめたのは確かだ。

以前、スポーツマネジメントを専攻する大学院生たちに
「スポーツにおけるビデオ判定導入に賛成か?反対か?」と聞いたことがある。
すると、意見はほぼ半々に分かれた。
賛成派の理由は「正確なジャッジが出来るから」その通りだと思う。

そこで、賛成派の人たちにこう聞いてみた。
「ならば、審判をみんな精巧なロボットに替えてしまうってのはどう?」
すると、賛成派が皆一様に「それは嫌だ」という顔をした。このあたりが面白い。

増田元長

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP