ラビリンス

多くの場合、真実は全く別のところにあり
どんな凄腕記者でも知り得ない領域が存在する。
(いや、知っててもそれは書けないでしょ、とか)

まさに事実は小説より奇なり。
それが人間界の営みだし、それでよいのだ。
藪の中を嗅ぎ回るのは無粋で無意味。

つまらない雑音に惑わされず、自分の直感、感性を信じて生きろ。

増田元長

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP