君が向かうその先

 

私の経歴上、研修の時に受講生の方から「ゴルフ教えてください」という野暮な質問が時々あります。(おっと失礼!)もうゴルフは完全に封印した身としては丁寧にお断りしているのですが、 完全に無視をするのも失礼なので、この場で最初で最後のゴルフ講義をしたいと思います。

 

いわゆるコースマネジメントの話をします。

 

おそらく大半の方は、ホールの攻略を考える時、ティグランドからグリーンに向けて攻め方を考えていると思います。「右は池があるから、広い左サイドを狙おう」とか。

 

間違っちゃいないんですけど、これ逆なんですよ。

 

現時点から考えるのというのが逆なんです。ついでに言うなら「○○のほうに打ってはいけない」というこの思考もひとつ余計です。

 

その日のピンの位置からティグランドにベストルートを逆算して引っ張ってきて、「どこに打つのがベストなのか」だけを決めてください。あとはそこに向かってベストスイングをすること以外考えないでください。

 

成功地点から現在地点に逆算する場合、成功が前提になっているので、意識がべストな結果だけにしか向きません。だからボールが左右に飛んでいく暇がなくなります。

 

これ人生でも全く同じだなあと思います。

 

現在から先のことを考えると、「右にOBが見えるから左に打とう」など、考えなくてもよいネガティブなモノ(OB)に無意識に引っ張られ、その結果、ボールも右のOBに引き寄せられる可能性が高まります。

 

パターのラインを読むときも同じですよ。ボールからラインを引かない。カップから引いて来れば、そのカップにボール落ちるためにはどこを通らなければいけないのかわかるので、自然とそこに打つしかなくなります。

 

成功者は自分が成功することを先に決めています。

 

青木功さんはパットを打つ前に「もう入っている」そうです。

 

増田元長

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP