逃げ恥

結局何をやっても最後は生まれてから今日までの“生き様”が露呈される。
最近そんなことを強く思う自分は少々スレ気味?

ある程度努力すれば何でもそこそこは上達する。問題はその先。
いわゆる壁に当たった時、ごまかしきれない本来の自分の素が出る。
まさに今日までの”生き様”が。

壁から逃げるのか。なんとなく壁を撫でるふりをして自分に言い分けするのか。
まあそもそも壁に行きつかないという“生き様”も中にはあるんだろうけど。

壁に向き合う選択をしたのなら
今度は“才能”という如何ともしがたい強烈な高い壁が牙を向く。これは結構苦しい。
仕事はもちろん、スポーツも趣味も私生活もすべて。

今日も丸裸にされた自分と向き合うふりをしていっときの幻覚に逃げこむ自分を追いかける。

増田元長

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP