難問

日本のスポーツに関わる人々が犯している最大の間違いは
「スポーツは素晴らしい」と信じ切っていることだ。

確かにスポーツには価値がある(それは私も信じている)
しかし、世の中の多くの人がスポーツは素晴らしいと思っていないという事実に
スポーツ関係者(特に元競技者)は全く気付いていない。

元々、科学、文化、芸術に比べ、スポーツに割かれる国家予算などたいしたことない。
図書館に行けばわかるがスポーツ関連の本のコーナーはわずかしかない。
スポーツ産業の規模はまだまだ小さい。

実際、世の中にはスポーツ嫌いはたくさんいる。ちなみにその原因の根っこの
多くはダメな体育教師と部活の先輩に起因しているのだが・・。競技がお得意な方々は
競技が苦手な人の気持ちは絶対にわからないのだ。
(スポーツの語源は“遊び”であるが、“遊び”が嫌いな人なんて本来いないはずなにの
日本独特の学校体育と部活動がそこを大きく捻じ曲げたことは、日本スポーツ界の
悲劇と言わざるを得ない!)

いま“スポーツ側”に必要なことは、スポーツが好きでない人たちにスポーツの価値を
自分の言葉で伝える力だ。プロ野球OBが少年野球チームに「プロ野球選手目指して頑張れ!」
とだけ言い続けてもスポーツの価値は拡がらない。

スポーツで学んだ知見(それは縦社会の上下関係とかじゃなく)を活かして、スポーツ以外の
世界で活躍し、誰もがわかる言葉でスポーツの価値を語れる人財がもっともっと必要だ。
スポーツの価値を強く感じる私の独り言である。

増田元長

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP