下にはなにもない

渋谷駅の大改修にともない変わってしまったのだが
井の頭線で渋谷に終着し、改札の方に向かうと
大人が結構目線を上げないと気づけない高さに、大きな壁画があった
(記憶が定かでないのだが、今の岡本太郎の大壁画ではなかったように思う)

7~8年ぐらい前
小学校に入ったばかりの娘と井の頭線で渋谷を訪れたときだった

娘は、自分の背丈からは相当上空にあるその画を指差し
あの画は~にある画と同じだよ(おそらく同じ画家)

と教えてくれて
「そうか、背が小さいから視線が上を向くんだね~」
と身体的要因を指摘した私に対してもう一言

「だってパパ!下にはなんにもないもん!」

と、「ありがたい」一言を放った

なぜ「ありがたい」かというと、当時の私にはこの言葉は衝撃で
「上には多くの情報があり、下には何もない」
という、考えてみたら当たり前かもしれないことを
教えてくれたからだ

試してみてほしいのだが
視線を上げるとたくさんの情報が入ってきて、なんだか気が紛れるし
自然とキョロキョロ見回すので、頭が回転する

私達が床方向に視線を落とす場合
好奇心旺盛に情報収集しているということはあまりないし
大体ふさぎ込んだり、解決できないことを自分の中で回したりしている

つい先日、忙しくて、下を向いてため息をついたとき・・・
頭の中で娘が
「パパ!下にはなにもないよ!」と叫んでくれたような気がした

そんな事あったなぁ・・・
と苦笑いして視線を上げ
気が紛れていく時間の長さよりずっと長く

娘の成長と健康に感謝をした

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP