草野球

11月のとある日の早朝、大学野球部同期と集まって草野球をした

日の出前から10数名ほどのメンバーがグラウンドに集まり
人数的にも、身体的にも、なんとか試合になる程度だったが

考えてみたら、大学を卒業して20年近くが経ち
それぐらいの人数がグラウンドで集まるのは初めてだった

名門校の野球部出身者たちなので、社会に出ても自分に厳しく
「社会人としてのトレーニングの日々(ストレスや、飲みニケーション)」も積み重ねたのであろう

今では、ユニフォームを上手に着こなすメンバーは少ない
(腹が出ていたり、逆に激ヤセしていたり)

「おまえ!マジ着こなしひどいな!」「何だそのスイング!」

なんて、はじめはそれぞれの落ちぶれっぷりをいじりながらのプレーだったが

守備で、打席で、走塁で・・・それぞれが、キラリと光る瞬間があり

次第に

「あ、アイツそういえば、守備、良かったよな・・・」
「あいつ自分のグラブ、誰よりも磨いてたもんな・・・」「スイング速かったもんなぁ・・・」
と、当時を思い出し、口にしていた

大学の野球部で4年間を過ごすということは
思い起こせば、「部活」の領域を超えた厳しさであったが
もう、そんなこと忘れていた

しかし仲間たちのプレーをよく見ると
それぞれなりに腕を磨いた時間は
いつになっても、輝きを与えてくれていることを知った

過去に固執せず今を生きることをモットーにしている自分だが
過去の時間が、「今の自分のどれだけの財産になっているのか」
再確認することも悪くないなと

改めて思わされた、冬の早朝

江尻慎太郎

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP