同じ夜

どうしてここに来るのが初めてなんだろう。

夕陽に染まる西の空と、色を失う稜線の境が重なっていく。
ぼんやりと眺めているうちに、長い時間が経っていた。

圧倒的な存在感と空気が、今なお強く残っている。

いつもと同じ時間。
いつもと同じ夕方。
場所だけが違う。

適度な疲労と興奮のなか目を閉じると、
静けさと明るさに包まれた朝を迎えた。

岩井 智広

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP