2年

クライミングを始めて2年が経ち、
「どこに向かっているの?」と聞かれることが増えた。

どこに向かっているわけでも、何を目指しているわけでもないのが正直なところ。
すると、「よくそれだけ続くね」という反応が返ってくる。

目の前のひとつひとつが楽しく、モチベーションも高いままだ。

そんな時に思う。ビジョンは必ず必要か。
楽しさを見出すことは、時に優れたビジョンを描くよりも大切ではないだろうか。

それも正しい。
一方で、楽しいだけではたどり着けない場所もある、ということだろう。

岩井 智広

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP