『さようなら』

子ども時代、長くお世話になった合唱団の先生が引退された。
最後の演奏会、フィナーレの一曲はずっと変わらず『さようなら』。
大人になった私たちも客席から舞台に上がり、先生の最後の指揮で歌う。

ひとつひとつの歌詞が心に刺さり、
この歌がもっと長ければいいのにと願う。
子どものころのすばらしいとき。
振り返って見える光と未来への光は同じか、
もしくは未来への光がこれまで以上でありますように。

かけがえのない時間へ感謝を込めて。

『さようなら』
 すばらしいときは やがて去り行き
 今は別れを 惜しみながら
 ともに歌った 喜びを
 いつまでも いつまでも 忘れずに

 楽しいときは やがて去り行き
 今は名残を 惜しみながら
 ともに過ごした 喜びを
 いつまでも いつまでも 忘れずに

 心の中に 夢を抱いて
 明日の光を 願いながら
 今日の思い出 忘れずに
 いつかまた いつかまた あえる日まで

古市 由梨江

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP