心を奪われて

音だけで聞いていた曲を映像と共に聞いた。

聞いたというより、聴いて、見て、感じて

その曲の世界に吸い込まれ、心を奪われた。

 

ニューアルバムの中には17曲が収録されているなか、

その曲は3度くらい聞いただけ。

そんなにお気に入りというわけでもなく、あまり聞いていない曲であった。

 

メロディと同時に映像が流れ、歌詞が加わる。悲しみ、怒り、やすらぎ。

曲と映像のリズムとテンポ、ヴォーカリストの声、表情が一体化し、

いつの間にかその曲に心を奪われた。

そして、歌詞に直接その問いがあるわけではないが、心に問いかけてくる。

「このままでいいのかい?」

「何かやるべきことがあるんじゃないのかい?」

などなど。

ほんの一部かもしれないが、この曲に込められた

ソングライターからのメッセージを受け取った気がした。

 

言葉、音、映像、その場の雰囲気が一体化した時の力はすごい!

これが心に響くということなのか。

改めて、ライブのすごさと大切さを教えてくれた時間だった。

 

旅するソングライター・浜田省吾さんに御礼を言いたい

「声(メッセージ)は届いていますよ!」と。

 

迫川 史康

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP