香りを感じて

最近、京都へ出張する機会が多い。

6月は3日間、7月も3日間、8月は今のところ3日間。

修学旅行生や観光客で京都の街はにぎわっている。

 

セッションの内容と会場は毎回同じなのだが、

参加される方々は毎回異なり、各セッションの雰囲気も様々で毎回新たな発見がある。

 

会場は京都駅の近くにあるホテルの中の7階にある会議室。

ホテルのロビーから入り、エレベーターで会場に向かうのだが、

ロビーに入ると毎回感じることがある。独特の“香り”があるのだ。

おそらくお香だと思うのだが、

自動ドアが開くと、オリエンタルな香りが真っ先に飛び込んでくる。

そして、ホテルは外国人の宿泊が多くらしく、

朝のロビーはチェックアウトのタイミングで英語、中国語など外国語が飛び交い、

日本とは思えない雰囲気を作り出している。

京都の朝は毎回グローバルな空間に連れて行ってくれる。

 

何回か続くと、その香りが

その日のセッションが「始まるぞ!」という自分へのスイッチになっていることに気づいた。

その香りを感じることで、自然と緊張が和らぎ、集中力が高まる。

自分へのスイッチは人それぞれ、場面によっても様々だと思う。

これからも新たなスイッチ探しを楽しんでいきたい。

 

今週からも3週続けて、京都でのセッションが予定されている。

香りを感じながらセッションをいい時間にしていきたい。

 

迫川史康

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP