SOMEDAY

3月は別れのとき、4月は出会いと始まりのとき

これまでの流れに一区切りつけ、新しいチャレンジに向かう

春の陽気とともに、ポジティブな空気が街中に漂いはじめる

 

3月27日、東京国際フォーラムで佐野元春のLIVEを観た

メジャーデビューから35年。60才を迎える元春がステージで躍動するパフォーマンスは

31年前 高校の卒業式を終えた一週間後、下関で初めて観たエネルギッシュさを失っていない

『35年とか60歳とかそんなのただの数字。自分の情熱が続く限りいい曲を作り続ける』

その言葉に胸を撃ち抜かれる。カッコいいなんてもんじゃない

 

元春が、彼にとっても、ファンにとっても特別な曲『SOMEDAY』で語りかける

『いつかは誰でも愛の謎が解けて、ひとりきりじゃいられなくなる

素敵なことは素敵だと、無邪気に笑えるこころが好きさ…』

 

新しいスタートには期待と同時に不安もつきまとう

31年前、大学進学と同時に東京でひとり暮らしを始めた自分もそうだった

そんな時は決まって元春のRock’n Rollが励ましてくれた

 

新しいスタートの季節、またポジティブなエネルギーをもらった

 

小田 正信

DSC_3031

 

 

 

 

 

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP