パラダイス銀河

もしも、タイムマシンが発明されたらどの時代に行きたいですか。

私は平安時代に行って紫式部さんにお会いしたいです。

 

この方の想像力、というか妄想力は尋常じゃありません。

よくもこうもハチャメチャなストーリーを生み出したものです。

今で言う腐女子に近いお方かもしれません・・。

 

「源氏物語」の作中で詠まれる和歌の数は、なんと800首。

この時代の素敵なところは、恋のお相手探しがすべて和歌で行われることです。

 

光源氏が朧月夜に対して詠んだ歌はこれ。

あずさ弓 いるさの山の まどふかな のほ見し月の 影や見ゆると

(あの時ちらりと見た月の姿=(あなたの姿)がまた再び見られるものかと、

貴女のいる近くの山を彷徨い歩いています)

 

当然、応える側のセンスも求められます。朧月夜の返歌は、現代訳で言うなら

「私を心に深くかけているならば、月のない空でもお迷いになるはずありませんよね」

 

当時の夜は電気も街灯もない漆黒の闇。和歌だけがお互いを知る最大のツールです。

言葉の力こそすべての知性とセンスの世界。

限られた短いワードで相手の心を射抜く絶妙な「伝える力」が求められます。

これぞ、話の長いおじさん上司の方々に、是非とも身につけて頂きたいスキルです。

 

増田元長

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP