夢のとなりで

いや、もしかしたらあの時先生はこう言いたかったのではないだろうか。
「FOOTBALLもいいけど、おまえにはやはりBASEBALLだろ」と。

たしかにあの頃の僕は、野球部の練習に嫌気がさしていて、サッカー部に移ろうかと考えていた。
サッカーが特別好きというわけではなかったが、何かと理不尽な野球部に比べると
自由な雰囲気のサッカー部がなんとなく楽しそうに見えたのだ。

先生はそんな僕の心を見抜いていたんじゃないか。

結局、サッカー部には入らなかった。
野球部に残ることを決めた僕は、その決意がぶれないうちに誰かに伝えておこう思い
密かに心を寄せるクラスメイトの明日香に電話をすることにした。

携帯がまだなかったあの時代、女の子の家に電話するときは緊張感が倍増したものだ。
そんな時に限って出るのはたいてい父親。やっぱり今日も明日香のお父さんが出た。

「はい、どちら様ですか?」不機嫌そうな低い声だ。
「えー、あのー、明日香さんいらっしゃいますか・・」
「おいお前、野球辞めるのか?」

不意を突かれ、動揺した。

噂では明日香のお父さんは昔プロ野球選手だったらしい。日本シリーズで活躍したこともあるようなのだが
名前を聞いても知っている選手ではなかった。

「い、いえ、野球続けます。」反射的に答えた。
「あのなー、野球が嫌になったからサッカーやろうなんて言うやつがサッカーやっても
 上手くなれるわけないぞ。」

動揺が収まらないまま、気が付くと受話器の向こうから明日香の声が聞こえてきた。
「もしもし、ふみ君どうしたの?」 
「あ、あのさー、明日の放課後会えないかな?体育館の裏に来て。話がしたいから。」
それだけ言ってすぐ切ってしまった。

その晩はなんだかよく眠れなかった。

翌日の放課後、体育館の裏に行くとそこにはすでに明日香が待っていた。

増田元長

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP