SPORTはあなたのもの

sport(スポーツ)の語源はdisport(ディスポート)

「遊び」「気晴らし」「はしゃぐ」という意味の言葉です。

port(港)に、切り離すという意味の接頭語disが付いて、

船が港から離れる解放感から「気晴らし」や「遊び」という意味を表わす言葉になりました。

このdisportからdiを取ってsportに転じたのです。

つまり、スポーツは元々「遊び」という意味なのですね。

 

ところが、日本のスポーツの一番の悲劇は、この「遊び」であるはずの「スポーツ」が

教育である「体育」と混同されてしまったところにあるのです。

 

「スポーツ」が伝来したのは明治初期。1878年、札幌農学校でクラーク博士が開いたものが

日本で最初のスポーツイベントと言われていますが、この全校スポーツ大会は当時「遊戯会」と

呼ばれました。はじめ、スポーツは語源通りに余暇の遊びとして日本に広められていったのです。

 

しかし、明治政府は富国強兵のため、兵士育成の手段として学校での「体育」を活用しました。

このあたりから本来「遊び」であるはずのスポーツが、兵士を育成するための「訓練」「教育」

として利用されるようになったのです。以来、日本ではスポーツをずっとしてきた人が

「体育会的な」という特殊な言い回しで呼ばれるようになったりしますが、

体育会的というとなにか怖いイメージが付きまとうのです。

 

時々「私はスポーツが少し苦手です」とか「スポーツは小さい頃からあまり好きでありません」

このようなことをおっしゃる方がいます。ちょっと待ってください。

「スポーツ」を本来の意味である「遊び」という言葉に置き換えてみましょう。

遊びが苦手な人っていますか?遊びが嫌いな人っているのでしょうか?

きっと、体育の授業や部活の影響なんですかね・・。

 

遊びだからこそ夢中になれて、真剣になれて、楽しいものなのです。

人から強制されたり、異様な上下関係があってり、上手い人だけが威張ることはおかしなこと。

ましてやそこに暴力が介入するなんて、まったく異次元なことなのです。

 

遊びだから、前向きなミーティングはあっても、非難されることはあってはなりません。

遊びだから、また次に機会が待ってるのです。

 

そして、真剣に楽しんでいる人たちを応援したり、信じることもスポーツの大切な要素なのです。

 

増田元長

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP