The “ LOST ” Weekend

録画したアメリカの連続ドラマ「LOST(ロスト)」を観ることが、

昨年秋からの週末恒例行事のひとつだった。

先週末、最終話を観て、長かったストーリーが終わってしまった。

 

LOSTは全部で6シーズンあり、1シーズンが約20話(1話は約1時間)。

どんなドラマか、ざっくり言うと、こんな(下記)感じだろうか。

 

旅客機が南の島に墜落するが、救助は来ず、

約50名の生存者たちはその島で暮らしながら、その島からの脱出を試みる。

しかし、その島は謎だらけの島であった。。。

それぞれの生存者の複雑な過去の人生を振り返り、

過去と現在を行ったり来たりしながら、ゆっくりとストーリーが展開していく。

 

はじめてLOST(シーズン1の第1話)に出会ったのは、

明確に覚えてはいないが、約10年くらい前のテレビ放送だった。

この手のドラマは、1度見てしまうと、次を見ずにはいられなくなってしまう。

はまってしまい、週1回1話のテレビ放送を録画して観ていた。

 

しかし、シーズン4の後、テレビ放送がなくなってしまった。(逃したのかもしれない)

しばらく待っても放送がないので、DVDを借りようかと考えたが、

忙しいし、ストーリー展開のテンポもスローなので「LOST」と別れることを決めた。(4~5年前)

 

ところが、昨年の秋頃からテレビ放送にてシーズン5がスタートした。

もう会うのは止めようと思ったが、また、はまってしまった。

久しぶりの再会だったが、観ているうちに、

それまでのストーリーはなんとなく蘇ってきた。

その後、シーズン6(ファイナルシーズン)もスタート。

今週末、無事、全121話を観終えた。約10年かけて。

 

10年越しの結末は、「う~ん、なんとも言えない。。。」という印象で、

「いったいどんなメッセージが込められていたのだろうか?」

と考えさせられてしまった。実は今でも考えている。

と同時に、つきあいも長かったので

「もう、会えないんだ。。。」といったなんだか寂しい気持ちもある。

 

もしかしたら、

失った時(LOSTした時)にこんな余韻にひたらせるのが狙いだったのかもしれない。

もう放送はないけど、ドラマの意味を考える“ LOST ”な週末をもう少しだけ楽しみたい。

 

迫川 史康

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP