今を見る

「先が見えないのなら、今を見るしか無い。どんな名選手も、試合に行くまでは準備しかできない」

先日、HRBCの先輩に紹介された記事を読み、ハッとさせられました

コロナウイルスの影響で、世界中でスポーツイベントが中止になり
春の選抜甲子園大会も同様に中止となりました

夢にまで見た舞台への出場権を 一度はつかんでから、手放す羽目になった
彼らの悔しさは想像を絶します

冒頭のメッセージ、甲子園大会出場をコロナに奪われた
高校球児に向けた、仁志敏久さん(プロ野球解説者、元読売巨人軍)の言葉です

仕事のペースが大きく変わり、なれない在宅勤務で
なんとなく浮かない気持ちだった私自身

「この状況ではしかたない・・・」を言い訳に

「今を見る」ことまで放棄しかけてはいないかと
問いかけられている思いでした

人生の中には、出場しようと思えば必ず出場できる
「心の中のトーナメント」のような物
沢山あると私は思っています
どんな状況であれ、心の中のトーナメントに出場し続ける
自分でありたいと、今、思います

平和な日常が一日でも早くみなさんの元に訪れますように

江尻慎太郎

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP