CSの教訓

プロ野球、両リーグ上位3球団が日本シリーズ進出をかけて戦う
プロ野球クライマックスシリーズ(CS)
少しも目が離せない試合ばかりだった

CSの前身プレーオフが始まった2004年

新庄フィーバーに湧き、リーグ3位の好結果を残したファイターズは
同2位の西武ライオンズと所沢で1stステージを戦うことになった

両者譲らず1勝1敗、負ければシーズン終了という大一番
ファイターズの先発マウンドに、プロ3年目の私が立っていた

3点リードの3回「勇気をもって腕を振れなかった江尻のインハイのストレート」を
ライオンズの主砲アレックス・カブレラは逃さなかった

逆転満塁ホームラン

「勇気を持てなかった」ことへの後悔、指先の感触
今も忘れることはない

ときは流れ、あのマウンドに戻ることはできないが
「仕事は試合。最高の準備をし、勇気をもってパフォーマンスを」が
あの日以来、私の心得となった

明日の仕事もクライマックス!さあ最高の準備と勇気で臨もう!

江尻慎太郎

アーカイブ

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP