ユニフォームを脱いでも

元プロ野球選手がオーナーシェフのレストランで食事をする機会があった。
レストランには元プロ野球選手を匂わせる写真やユニフォームなどは全く飾られていない。
プロのシェフとして勝負されているな!と感じる。

落ち着いた雰囲気で料理も美味しく、友人達との会話も弾み、
閉店近くまで長居をしてしまったところ、オーナーシェフがテーブルに合流。
現役時代の裏話やプロの世界の厳しさなど、面白おかしく話を聞かせていただき、
最高のおもてなしを受けるとができた。
オーナーシェフとしても輝いてるな!というのが印象に残った。

数日後、そのオーナーシェフが取り上げられたテレビ番組に遭遇。
現役時代の栄光と挫折、プロの世界を去った後の現在に至るまでの歩みが放送される。
引退後、現役時代にお世話になっていた洋食屋で修行。
その洋食屋の店長の言葉。
「彼は、普通は1年かかるところを3か月でマスターした」
「なんとなく日々を過ごしている人じゃなかったね」

引退後も相当な苦労をご経験されているにもかかわらず、
そんな話はいっさいすることなく、最高の時間を提供していただいたシェフ。
その謙虚な姿勢にプロフェッショナルを感じた。
またお邪魔しますね!

迫川 史康

アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
TOP